キャッシングの借入先の特徴

キャッシングのサービスは色々な金融機関が提供していますが、借入先によってサービスの内容は異なります。

それぞれが独自にサービスを展開していますから、基本的にはすべて異なると考えておくのが良いでしょう。

また、最近では色々な変化もありますから、借入先について簡単に特徴付けることはできなくなりつつありますが、ここでは一般的な傾向について紹介したいと思います。
まず、キャッシングの借入先の種類です。

大きく分けると銀行とそれ以外になります。

それ以外というのは、消費者金ううやクレジットカード会社が相当します。

この二つである程度の特徴は異なってくると言えるでしょう。なぜなら、規制している法律が異なるからです。

銀行は銀行法という法律によって規制されていますが、消費者金融やクレジットカード会社などは貸金業法という法律によって規制されています。

法律が異なるために、規制の内容も異なっています。

例えば、貸金業法では総量規制が導入されていますから、銀行では総量規制が適用されなくても、消費者金融やクレジットカード会社では総量規制に気をつけて借り入れをしていくことが必要となってくるのです。
最近になってネット銀行がキャッシングのサービスを提供するようになってきました。

ネット銀行は、基本的にはインターネット上のサービスとなりますから、手続きはシンプルです。

銀行には分類されますが、銀行よりも多くのサービスを提供しているという点では、消費者金融に少し近いという傾向はあります。
一般的には銀行のほうが審査は厳しいと言われています。

審査は厳し代わりに金利は低いという傾向はあります。

この二つが銀行のキャッシングを特徴付けるものです。

銀行以外の消費者金融やクレジットカードのキャッシングはこの逆で、審査はあまり厳しくない代わりに金利が高いという傾向があります。

これが基本的な特徴になるのですが、実は少しずつ変わりつつあると言えるでしょう。
その一つが業界の再編です。

過去には消費者金融としてキャッシングのサービスを提供していた貸金業者が、今では銀行に吸収合併されている場合もあります。

ですから、銀行のサービスの一部となっているのです。

それでも基本的には消費者金融と同じようなサービスを提供しているわけですから、銀行よりも貸金業者の特徴を持つと考えられます。
もう一つは実質的な運営主体です。

大手銀行であれば独自でサービスを提供することができるでしょう。

しかし、少し規模の小さい銀行であれば利用者数を集めることもできませんから、規模を大きくすることができず、経営に対するリスクが大きくなってしまいます。

そのために、表面的には銀行でサービスを提供していたとしても、別の貸金業者が債務保証をしていて、実質的には貸金業者から借り入れをしているのと同じだと言うこともあります。

この場合にも、銀行でサービスを利用しているとは言っても、消費者金融などの貸金業者で借りているのと同じような特徴を持つのです。
このように、キャッシング業界も色々な変化を見せていますから、簡単に特徴を分類することは難しくなってきています。

しかしながら、大まかな特徴は把握しておく必要はあるでしょう。
このような特徴がありますから、大まかに言えば銀行のほうが融資としては優れています。

銀行のほうが金利が低いという傾向はありますし、コンプライアンスもしっかりしていますから、ですから、まず銀行のキャッシングサービスに申し込みをするべきでしょう。

銀行のキャッシングは審査がやや厳しいですから、もしも審査に落ちた場合には消費者金融やクレジットカード会社のキャッシングサービスに申し込むのが良いでしょう。